松居一代、離婚秒読み

夫 船越英一郎から離婚の申し入れ

 

(画像引用元 http://geinou-9.jp/funakoshi-eiichirou-yome/)

 

7月3日、週間文春の取材に対し、松居一代が、

 

「今年の4月22日、番組の仕事を終えたあと、

私は人生の幕を閉じようと考え船越と息子あてに遺書を書きました」

とコメント。

 

「あなたを死ぬほど愛してた」と4時間もかけて書いたらしい

 

 

 

これまでも彼女自身のブログで

「恐怖の告白!!」という題名で記事を投稿しており、

意味深なメッセージを発信している。

 

 

6月26日の投稿には、

 

「実は、4月21日の夜から旅立つ準備をしていました。

そして全ての準備を終えて、いざっていうときに…

4月の22日の早朝、私の耳に一つのメッセージが聞こえたんです。

そのメッセージ通りに動いたら、私はとんでもないものを見てしまったんですよ」

 

サスペンスより恐ろしく怖い真実を知ってしまったことで、

自殺を思いとどまったとのことだが、その後、

長期間に渡る逃避行を続けてきたと、書き記している。

 

更には、

「もう、1年5ヶ月も尾行され続けているの」

と書いてはあるものの、自殺未遂の理由や、

 

誰に尾行されているのかはあきらかではないし、

 

夫の船越氏もこの件についてはノータッチなのも

おかしな話だ。

 

船越氏が現在司会を務めているNHKお昼の情報番組

「ごごナマ」では松居の問題には一切触れていない

 

船越氏の知人談では、

松居と船越氏の間に離婚の話が出ていて、

7月には離婚調停がはじまるとのこと。

 

 

週間文春の取材によると、

船越氏の代理人の弁護士が、以下のように認めたとのことだ

 

「この度はブログの件で、お騒がせして申し訳ありません。

2人の夫婦関係は完全に破綻しています。離婚について、

2年ほど前からはなしあってきましたが、

先月28日、船越の代理人であるわたしから、

松居さんに対して、離婚調停申し立てを行わせていただきました。

そろそろ、松居さんのもとに、調停申立書が届くはずです」

 

 

二人の馴れ初め

 

(画像引用元 http://blog.goo.ne.jp/bnbn1645/c/6a1ee9a53ff89a955dd7cef11a67de8d/1)

 

 

松居と船越氏は約5年間の交際期間をもって、

2001年6月に結婚

船越氏は当時40歳、松居は43歳だった。

 

このとき松居には、1996年に離婚した前夫の間に

もうけた長男がいた

 

結婚時は、船越家が由緒ある家柄だったことで、相当な

反対にあったものの、それを押し切ってのドラマチックな結婚

だった。

 

2006年には「いい夫婦の日」のパートナー・オブ・ザ・イヤー

に選ばれるほどのおしどり夫婦だった。

 

 

夫婦の関係に亀裂

 

2011年に船越氏は、自宅から徒歩1分の場所に支度部屋

としてマンションを購入。

 

松居が言うには、

「夫婦仲が壊れたわけではない。

今日はどっちの部屋で寝ようか?という会話もあったし、

実際に行き来していて仕事のある時以外は、夫婦は常に一緒だった」

 

だが、船越氏の言い分は、全くちがく、

船越氏の友人によると、

マンションを購入する1年前から船越氏は

ホテル暮らしをしており、同じ頃浮気を疑われて、

松居さんが自宅の船越氏の荷物を全部運び出したみたいです。

 

「2015年11月には船越氏が松居さんに離婚しようと伝えたみたいで、

でも、彼女が拒否したので、距離を置くという意味での別居生活が

始まったみたいです。」

 

松居は、そのときに、「来年の2月まで待ってくれれば離婚に応じる」

といっていたそうだが、その後も一向に離婚に応じなかったみたいだ。

 

そんな中、冒頭でお伝えしたような自殺騒動を起こしたようだ。

 

知人によると、何度か自殺騒動を起こしたことは何度も

あるみたいだが、今回のように、遺書が残されていたのは

初めて。

 

さすがに、船越氏もこれには参ったみたいだ。

 

しかも、松居は、

「死んでほしくなかったら1億円の投資信託を解約して、

口座に振り込みなさい。」

 

と脅迫めいた事をいいだしはじめたというのだ。

 

では、実際どうして、あんなにも仲が良かった二人で、

親の反対を押し切ってまで妻にしたのに、

離婚を申し出たのであろう?

 

そこには、とんでもない事実が隠されている。

 

続きは、こちらから→

松居一代、船越英一郎の離婚の原因はDV!?

 

 

 

【無料バイナリー配信】

自由な時間を手に入れて、好きな時に好きなところで過ごす…

そんな生活を送る方法をこちらから無料で入手できます

Related Post

このページの先頭へ