女子大生が恋愛のもつれによる殺人未遂

【バイナリーオプション完全無料配信】

たったの数分間で!こんなに稼げる!

勝率96%の配信が無料で受けれます

 

 

兵庫県西宮市田代町で7月23日、

女子大生が同じ大学に通う男子大学生を金づちで殴りつけ、

包丁で刺すとの殺人未遂事件が起こった。

 

 

(画像引用元 http://endia.net/nawate-yuuna)

 

 

この事件で兵庫県警西宮署は、西宮市田代町の

事件現場マンション4階に住む関西学院大学2年

畷優奈(なわてゆうな)容疑者(20)を逮捕した。

 

 

警察の発表によると、畷優奈容疑者は7月23日

午後0時50分頃に、同じ大学の3年の男子大学生(21)の

頭を金づちで殴りつけ、背中を包丁で刺して殺害しようとした。

 

現場マンションの住人から

 

「男性が刃物で刺されたようだ」

と通報があり事件が明るみになった

 

西宮署の警察官らが現場に駆けつけたところ、

マンション3階の階段付近で背中から

その男子学生が血まみれで発見された。

 

男性はその後病院へ搬送されて手当てを受け、

幸いにも重傷を負ったものの命に別状はなかった。

 

畷優奈容疑者と被害者の男子学生は

過去に交際していて、

事件は、容疑者の部屋で行われた模様。

男性は畷優奈容疑者の部屋で寝ていたところ、

突然金づちと包丁で襲われたらしい。

 

畷優奈容疑者は金づちで複数回頭部を殴ったほか、

包丁で背中を複数回にわたり刺すなど、

殺意が十分にあった。

 

警察での取り調べに対して畷優奈容疑者は

 

「恋愛感情のもつれで殺そうと思ってやった」

「交際の復縁を迫ったが、断られて腹が立った」

 

などと供述し、容疑を認めている。

 

 

畷優奈(なわてゆうな)の顔写真(画像)が特定された?

経歴や、出身高校は奈良高校?

 

(画像引用元 http://endia.net/nawate-yuuna)

 

女性が男性を襲うという、ごく稀な事件なので、

ニュースでかなり騒がれた。

 

そのこともあって、

ツイッターやFacebookを探して、載せているブログも

多々あって、ツイッターに関しては、容疑者の

アカウントが特定されている。

 

 

出身校などが、いろいろなブログで暴露されている。

 

畷優奈という人物について現在わかっている情報は、

 

・20歳、関西学院大学の2年である

・高学歴である

・名門奈良高校出身

・落語研究会所属

 

また、ツイッターのアカウントで、顔写真も見ることができる

 

出身校は奈良県でもNo.1と言われる奈良高校、

そして大学もまた、名門の関西大学。

落語研究会という知的なサークルにも

参加している。

 

それほどの高学歴である彼女が、

 

なぜ、こんなバカなことをしたのだろう?

 

全くもって理解不能なところである。

しかも、普段から、スタンガンを持ち歩くという、

計画的な犯行であったことが予想される。

 

しかも、交際相手だったことから、恋愛のもつれに

よる、犯行には間違いないが、

殺そうとなぜ、そんな賢い彼女が思ったのだろう?

 

そのところが、ニュースやブログなどでは、

当然明かされていないが、管理人は、

この点がとても気になる。

 

しかも、頭良いだけに、スタンガンで襲った後に

犯行に及んだわけだが、

(男性に暴れられたら、こういう犯行は難しいだろうから。)

本当だったら、別の方法で見返して欲しかった。

 

若い可能性がある女性が、こうして、犯行に

手を染めるのは、なんとも悲しい限りだ。

 

ただ、幸いにも、被害者の男性が、

命の別状がないことだ。

 

だけども、本人しかわからないし、

これからもきっと謎のままだと思うけれど、

本当に殺害したい理由が、他にもあったのでは

ないか?

 

と憶測ながら、思わざるをえない事件だと

思った。

 

もちろん殺人を起こそうって考えはいけないと思うけど。

事件の概要

逮捕容疑は同日午後0時50分ごろ、女の自宅マンションで、うつぶせで寝ていた男子大学生の後頭部を、長さ35センチの金づちで叩き、背中などを複数回刃渡り20センチの包丁で刺した疑い。
男子大学生は室外に逃げ、病院に搬送されたが、命に別条はないという。

(引用元http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500871074/-100)

 

【無料バイナリー配信】

自由な時間を手に入れて、好きな時に好きなところで過ごす…

そんな生活を送る方法をこちらから無料で入手できます

このページの先頭へ