稲垣、草彅、香取のジャニーズ脱退の裏側

6月18日、元SMAPの稲垣、草彅、香取がジャニーズ事務所を対処することを発表!!

 

(画像引用元 http://tommyzblog.com/archives/8679)

 

解散以降、稲垣(43)、草彅(42)、香取(40)の3人は新しい仕事のオファーを

一切受けなかった。

それをジャニーズ事務所側は離脱の意思表明として受け入れた

模様だ。

 

一方独立派として見られていた中居正広(44)や、木村拓哉(44)も

残留するとのことだ。

 

元々、ジャニーズのタレント契約が1年間ごとの自動更新で

契約解除の場合は3ヶ月前までに申し出ることになっている。

 

SMAPの契約は毎年、デビュー曲「Can’t stop!!-Loving-」

の発売日9月9日に更新されている。

 

なので、その3ヶ月前の6月が、独立表明をする

タイミングではないかと噂されていた。

独立騒動の発端

 

2015年1月、ジャニーズ事務所の幹部とSMAP育ての親である

当時のマネージメント室長、飯島三智さんとの

対立が発端。

 

そして、同年秋に飯島さんがメンバーを連れて独立することを

事務所に表明。

だが、木村拓哉は一人事務所に残る意思を見せ、

SMAP独立は果たせなかった。

 

だが、この後、木村と他のメンバーの亀裂は決定的となり、

昨年末の解散に至った

 

 

今後は??

稲垣、草彅、香取の3人は、前出の飯島さんについていく模様だ。

飯島さんは2016年3月にジャニーズ事務所を退社し、

同年、7月に、ラオックスの経営者たちと組んで、

コンテンツビジネスの会社を設立。

ラオックスが運営する「千葉ポートスクエア」に今年

12月にオープンする劇場の舞台製作に関わる模様だ。

 

ここに脱退組の3人が関わってくるのでは?

と言われている。

 

また、香取の「SmaSTAION!」は9月で終了することが

決まっており、

草彅の「ぷっすま」は年内継続される予定だ。

 

残留した中居の強い意思

中居正広は脱退組の3人とは違って、TVで5本のレギュラーを

持っているため、今の事務所を離れれば現在の番組を

打ち切られることになり、スタッフに迷惑をかけることになる。

 

その思いもあって、いろいろな友人に相談した結果、

「ジャニーズ事務所を辞めないほうがいい」

と決断したようだ。

 

それと、木村拓哉を意識した今回の残留ではないかと

業界関係者の中で囁かれている。

 

もし、4人がジャニーズ事務所を辞めてしまっていたら、

木村拓哉との間に差ができてしまう。

 

もともと、中居は木村に対してかなりのライバル心を

抱いているため、

 

「この業界、木村の思い通りにはさせない!」

 

という気持ちから事務所に残ったのでは?

とも考えられている。

だが中居は司会者として不動の地位を築いているのだから、

必要ないのでは?

 

ジャニーズ側は木村をえこひいき??

一方、木村は誰よりも早く残留を表明したため、

ジャニーズ側は、そんな木村のために、

テレビ朝日の木曜午後9時枠という看板枠に来年1月から始まる

連ドラを取ってきたりしている。

ここの枠はもっとも視聴率が取りやすい枠でもあり、

誰もが出演したい枠でもある。

 

もっとも、最近の木村は、

主演映画「無限の住人」で興行収入面で、他の映画に負けたり

1月クールのドラマ「A LIFE」も平均視聴率15%を切るなど

かなり正念場を迎えているのは間違いないのだが、

 

ここで、看板枠のドラマに出演させることで、視聴率を

稼がせようという魂胆なのかもしれない。

 

これで、視聴率がでなかったら…

 

 

今回の3人の独立に対して、

ジャニー氏はこんなコメントをしている

 

「彼らを思う気持ちに変わりはありません」

 

これは、本当なのか真意は疑われるが、しばらく脱退組の

3人は業界から遠のいていくのでは?と予測されている。

Related Post

このページの先頭へ