TBSに警視庁が強制捜査

無理やり薬物をすわされた!

「ホテル内で無理やりA氏に薬物をすわされ、顔に怪我をおった」

捜査のきっかけは会社員女性からの訴えだった。

 

TBSが作成したドラマや映画などのプロモーションを展開する

海外事業部の部長クラスに就任していた50代のA氏が

この事件を起こした。

 

捜査関係者によると、

その日、A氏は前出のインターネットで知り合った

35歳の女性会社員をホテルに連れ込み、

薬物のラッシュと見られる液体を無理やりかがせ、それが顔にかかり、

女性は軽度の障害をおったと主張。

 

それを受けて、警視庁久松暑がTBS本社とA氏宅に家宅捜査に

入った。

 

A氏本人は「無理やり嗅がせようとしたことはない」

と容疑を否認。

顔に怪我を負わせたことについては、容疑を認めているという。

 

だが、男性は職場の机やロッカー、自宅でラッシュと見られる

液体の瓶を数本を所持していて、

同署はその薬物を押収した。

 

同署の任意の調べに「海外出張した際に購入した」

とこちらの容疑は認めているとのことだ。

 

同署は今月8日にTBS本社(港区)や自宅を家宅捜索し、

ラッシュが入った瓶数本を押収しているので、

もう、逃れようがない事実だ。

 

ラッシュは医薬品医療機器法により輸入や所持が

禁止されている、いわゆる「危険ドラッグ」

本来は同性愛者が性的興奮を高める目的で使用することが多い

指定薬物として規制対象になっており、心筋梗塞などの健康被害も

報告されているほか、大麻や覚醒剤などの乱用につながる

「ゲートウエー・ドラッグ」になっている。

 

A氏の経歴

彼の父親は、テレビ制作会社の役員。

トレンディドラマなどを多数手がけた、有名な

プロデューサーだ。

三年前に亡くなった母親も実業家でバブル期には、

官僚や政治家が利用する雀荘を3、40店舗ほど

経営し、

弟は電通勤務という、

渋谷区の一等地に大豪邸を持つ

セレブ一家だ。

 

A氏は都内の私立高校を卒業後、渡米し、

アメリカの大学を卒業後、大手メーカーに勤務

コピー機の営業をしていたが、三年半で退職して、

TBSに再就職

 

現在は両親が建てた豪邸につまと長男、長女と暮らしている。

 

TBS関係者によると、

A氏は、女癖が昔から悪く、現在の奥さんは大手ゼネコンの受付

をしていた女性だったが、結婚の際も女性関係で

かなり揉めたようだ。

結婚後も、ホステスクラブに頻繁に通っていたとのこと。

今回の事件も、インターネットのいわゆる出会い系で

出会った女性とホテルに向かったみたいだ。

 

今回もホテルに連れ込んだ際に、ドラッグを嗅ぐようにすすめたが、

応じなかったため、無理やり嗅がせる際に、

液体が顔にかかってしまって怪我を負わせた模様。

 

初めて会った男性にそんなことをされる方も

本当に怖いだろうし、耐えがたい事件だったと

思うけど、

 

これではあまりにも奥さんが可愛そうだ。

 

そこまでして、どうして、無理やり薬物をやらせようとしたのかが、

理解しがたいが、妻にとっても耐えがたい事件だったに

違いない。

 

ここまでの華やかな経歴を持っていて、

海外を行き来するような仕事もあり、

セレブ生活を送っていたのに、薬物に手を出してしまうのは

世の常なのかもしれないが、

 

何も、無理やり薬物を他の人にも勧めることは

ないだろうに…

 

でも、本当に薬物はやってはダメ!

 

いろいろな意味で人生を狂わすのだから…

 

それにしても最近テレビ関係者の事件が多いような気がする。

 

今回の事件に関してTBS広報部は21日、朝日新聞の取材に対し

「捜査の結果を待って厳正に対処する」とのコメントを出した。

 

A氏は当然だが、今のところ欠勤をしているとのこと。

 

 

警視庁はA氏のことを傷害容疑などで証拠隠滅などの

疑いがないため、身柄確保等はしないで、書類送検する方針。

 

 

このページの先頭へ