アントニオ猪木4度目の結婚!!

【バイナリーオプション完全無料配信】

たったの数分間で!こんなに稼げる!

勝率96%の配信が無料で受けれます

74歳にして4度目の結婚

日本の伝説的プロレスラーで
現在は政治家となっているアントニオ猪木だが、

今回、74歳の誕生日に
4度目の結婚をしたことが発覚し、本人も認めている

2017年2月20日、アントニオ猪木の
74歳の誕生日に結婚

お相手は約30年にわたりビジネスパートナーとして
アントニオ猪木を支えてきたT子さん

なんと、16歳年下で元カメラマンだ。

2014年に取材を受けた時は半同棲状態にあり再婚については

「ハ、ハ、ハ。なんでそうなるんだ。再婚なんてするわけないだろう」

と言っていたのだが、今回再婚

 

結婚の理由については「(彼女には)お世話になったので」とのこと

 

2011年までは後任秘書を務めていて
現在はアントニオ猪木のマネジメント会社の副社長

2016年にはアントニオ猪木を代表とする
アントニオ猪木の版権管理会社を設立した。

T子さんとの結婚をフライデーが
アントニオ猪木に直撃取材をすると
結婚したことを認めたとのこと

 

アントニオ猪木の結婚遍歴

アントニオ猪木の最初の結婚は1964年

アメリカ武者修行中にアメリカ人の女性、リンダと結婚

しかしほどなくして離婚

子供を1人出産しましたが幼いころに亡くなった。

 

1971年に女優の倍賞美津子と結婚

娘に恵まれるものの

浮気が発覚し、

1987年には不倫騒動が起こり離婚

 

1989年には22歳年下の一般人女性と結婚して

1990年には男児をもうけるものの

またもや今回のお相手のTさんとの浮気が原因で2012年に離婚

 

ほとんど浮気が原因w

また、北朝鮮でのプロレスイベントが増えている理由は、

破格のギャラを得て離婚の慰謝料を払うためだといわれていた

熟年結婚トラブル??

アントニオ猪木は2007年に新団体「IGF」を発足

倍賞美津子との娘婿でありサイモン・ケリー猪木も

新日本プロレス社長を辞職してIGFに。

 

しかしアントニオ猪木は
そんなIGFを2017年5月25日にIGFは整理すると発言

サイモン氏やIGF所属するプロレスラーたちは、6月2日に

団体を存続を求める署名活動を始めた、

 

6日にサイモン氏は記者会見を開き、猪木の代理人からも警告書が

届いたことを明らかにした

警告書の内容が、テレビ朝日で放送された、「プロレス総選挙」

でのサイモン氏の発言「やらせ」を匂わせていたことを抗議するもので、

法的手段をとるとも書かれていたという

4度目の結婚相手のAさんは、民法テレビの関連会社に勤務していた

過去があり、一時はIGFの役員をサイモン氏とともに勤めていた。

その後、猪木が参議院選挙に出馬し、当選してから猪木の

スケジュール管理を行っていた。

 

2016年に猪木が代表の版権管理会社を設立し、役員に就任

 

この頃から、IGFと猪木は距離をおくようになった。

 

サイモン氏は猪木に迷惑をかけないよう、新ブランド「NEW」を

猪木合意のもとで設立

 

だが、Aさんとそのような関係になってからは、猪木は携帯番号も変え、

新しい連絡先もサイモン氏サイドには伝えず、実の娘にも、

今回の結婚は報告されず、今は弁護士を通してのみの連絡だそうだ。

 

 

猪木の自身のツイッターでは

「今のIGFには理念がない。金が絡むと、どうして人間はこうなってしまうのか。

IGFからはとっくに手を引いている。俺の名前を語るな。NEW は勝手にやればいい」

とコメント。

 

たしかに、後妻にとって、相続でもめやすい、娘夫婦との問題は

珍しくないし、特に、猪木のような資産家や有力者であると、

このようなことが起きるのかもしれない。

熟年再婚。

おめでたいことには変わりないが、このような問題が出てしまうことは

なんとも悲しいことだ。

 

 

【無料バイナリー配信】

 

自由な時間を手に入れて、好きな時に好きなところで過ごす…

 

そんな生活を送る方法をこちらから無料で入手できます

 

このページの先頭へ